iPhoneは防水機能がありません。


雨程度では壊れないと言われていますが、メーカー保証はまったくありません。


そのため海で利用することはご法度なのですが、各社で防水タイプのケースを販売しています。

iPhone用の防水といえば一番手軽なのはZIPロックなどの防水袋を使う場合です。

あなたにぴったりのiPhone6sの機種変更の情報といえばココです。

数十円で買えるものですし、家庭にはよくあるものです。

ソフトバンクの機種変更に関しての関心度が高まっています。

このような袋にiPhoneを入れてお風呂で使っているという方も少なくないようです。
しかし、海での利用の場合はオススメできません。

iPhone6sの予約情報はすぐに役立ちます。

風呂なら気をつけられるところも海ではほぼ無防備にiPhoneが海に入ってしまうからです。

そこで適切な防水ケースの利用がオススメです。

防水ケースは雨滴程度の防水機能から水深数十メートルでも対応するタイプまでさまざまですが、一般的には防水機能を示すIP規格が目安位となり、IP6以上あれば数メートル程度なら数分は問題無いと言われています。

ただし、ケースによっては操作ができなかったり、カメラが使えないタイプも多いので注意が必要です。

海の中で撮影がしたいという場合にはIP68など高めの防水機能を持つケースを選ぶと良いです。


高めの防水機能を持っていれば大抵の場合はカメラなどの操作ができるようになっているからです。

ただし、防水ケースは厚みがあることが多いので注意が必要です。

普段も使いたいということであれば、防水機能を若干下げてケースの薄さにもこだわって選ぶと良いです。